ウィドマンシュテッテン構造〜壮大な宇宙の秘話

世界最古の研磨された石器は紀元前1万年ほど前に使われていました。紀元前1500年になると、鉄製錬技術の発展と鉄器の使用により人類の環境統治が深まりました。初期人類は非常に複雑な金属加工技術を駆使して鉄器を作りました。

更に驚くのが最古の鉄鉱物は隕石だったことです。初期人類はこの天から降り落ちた鉄の魂を神と宇宙からの神聖たる贈り物だと信じていました。人々は隕石に奇妙なヒーリングパワーが宿っていると信じ、これらの神聖な石は、人類に初めて鉄鉱物を認識させました。かつて幸運にも隕石と触れたことがあれば、あなたがその時手に持っていたのは地球上の最も古老で貴重な歴史遺産の1つです。

鉄隕石

スウェーデンで発見されたムオニナルスタ隕石は、人類が発見した隕石の中で最も古老な1つです。これは古代惑星の鉄コアであり、ナミビアのギベオン鉄からなる鉄隕石に分類されています。ムオニナルスタ隕石は隕石ジュエリーや隕石工芸品の制作に格好な素材であり、愛好者に人気を博し、よって価格上昇が著しいです。その特徴の1つはニッケル成分が高いことです。地球上の天然鉄ニッケル成分は主に1%以下ですが、ムオニナルスタ隕石のニッケル成分は9%以上になります。

ムオニオナルスタ隕石の模様

主にムオニナルスタ隕石の独特な結晶構造はウィドマンシュテッテン構造と称されています。これは信じられないほどの気象指紋であり、1808年にこの模様を発見したオーストリア人のアロイス・フォン・ベック・ウィドマンシュテッテン伯爵の名前から命名されています。

ウィッドマンシュッテテン構造はトムソン構造とも呼ばれ、ムオニナルスタ隕石にある独特な細長い形をするニッケル鉄結晶のことです。これは円錐とニッケルテクスチャーが絡み合い、幾何学的な芸術性の高い隕石模様を生み出しています。よってムオニナルスタ隕石は装飾と芸術工芸品の素材として極めて貴重であり、1番美しいエッチング隕石の1つです。これを見たら、マーク・トビーとブライアン・ゲティンのブライアン・ゲティンの抽象画を思い浮かべるでしょう。

隕石全体はこのテクスチャーで構成されています。検査測定したい隕石サンプルの表面を研磨して10%の濃硝酸と90%のアルコールの酸性溶液に1分入れてその模様は出てきます。隕石ごとに含まれたニッケル量が違うのでエッチングに必要な時間も違いますが、大体30秒から1分ぐらいかかります。

一旦酸性溶液にエッチングしたら、通常炭酸ナトリウムなどの強塩基による中和が必要です。隕石を拭き乾いた後、最後にスラッシング油を塗って保護します。

このような独特のウィドマンシュテッテン構造は、隕石の溶液コアが宇宙で長い時間をかけて冷却されてから形成されます。結晶構造は、最初の隕石前駆体にある鉄ニッケル溶融物の化学形成とその冷却速度によります。結晶粒は1000年に1℃下がるという非常に長い冷却プロセスを経て形成されます。鉄石の共生は、時間、圧力、温度の完璧な結合によるものです。これら巧緻な8面体の鉄隕石にあるウィッドマンシュッテテン構造の形成は約二千万年前から二億年はかかります。

ウィドマンシュテッテン構造

このレアなウィドマンシュテッテン構造は太陽系の始まりの証拠であり、宇宙の力が地球、あるいは地球より長い年月を経てできた惑星に作用して、生まれた隕石傑作です。その独特な構造模様は、芸術家とジュエリーデザイナーズの無尽蔵のインスピレーションの源です。

ロレックス デイデイト118206時計

ロレックス、ピアジェ、ジャガー・ルクルトなどのブランド時計もスウェーデンムオニナルスタ隕石をあしらった限定版の時計をリリースし、世界中のコレクターたちに非常に人気があります。北欧高級ジュエリーブランドとしてAWNLは「スピリチュアルエネルギーを含む天然希少素材を見つけ出す」を核心理念とし、ムオニナルスタ隕石と天然石を結合させ、ジュエリーのデザインウィッドマンシュッテテン構造のジオメトリ的な美感をそのまま展示させます。そしてAWNLのジュエリーは、持ち主の精神ポテンシャルを呼び起こし、保護とヒーリングの効果をもたらします。

AWNL Interstellar Collectionをチェックする

「宝石や鉱物の模様とパターンを読むときに、これを宇宙の秘密を解く道具とみなせ」フランス生物学者ロジェ・カイヨワによる「Writing In Stone」からの抜粋。

ウィッドマンシュッテテン構造のムオニナルスタ隕石を手にする時、自己認識や自己運命の予知を求めません。代わりに宇宙精神ガイドとみなすことによって、隕石が持ち主を奥深い時間へと導いてくれます。

リリース、保護、テレパシー

癒しの力を備えた北欧デザインのAWNLをお買い求め下さい!