七夕のはなし

7月7日は七夕です。七夕は元々中国の行事で、奈良時代に中国から伝わったとされています。その後日本文化と融合し、現在の七夕となりました。日本の七夕といえば、願い事を書いた短冊を吊した笹を飾ります。それから織姫と彦星の伝説も有名です。子供から大人まで馴染みの深い七夕は、次世代にもつなげたい大切な日本の行事です。

織姫と彦星の伝説

こと座のベガとわし座のアルタイルは天の川を挟んで並び、七夕の頃の夜、ひときわ輝きます。街灯りがない古代人が見た星は、どんなに綺麗でロマンチックだったことでしょう。中国の人はいつしか七夕を年に1度ベガとアルタイルが出会える日と考え、織姫と彦星のストーリーが生まれました。これを七夕伝説といいます。

牛飼いの牽牛と、天帝の娘で機織り名手の織女は共に働きものでしたが、結婚を機に仕事をさぼるようになりました。これが天帝の怒りを買い、2人は年に1度7月7日の夜にしか会えなくなったと伝えられています。

七夕

七夕飾り

日本では願い事を書いた短冊を笹の葉に吊しますが、この風習は元を辿ると中国の乞巧奠という行事が由来と言われています。

乞巧奠は織女にあやかり機織りや裁縫の上達を願う行事でした。7月7日に庭先の祭壇に針や五色の糸を供え星に祈りを捧げていたといいます。後世では書道なども加わり、芸事全体の上達を願う行事へと変化しました。これが日本に伝わり、奈良平安時代の貴族たちの間で芸事の上達を願う宮中行事になり、その後江戸時代には五節句として庶民の間にも広まりました。

七夕 笹飾り

笹に飾る意味

古来笹は常緑で生命力があり、天に向かって伸びるため神聖なものとして捉えていました。神事にも使われてきました。七夕の笹は神様の依り代なので願いを込めた飾り物を吊るし、願いが届くよう天に向かって捧げます。七夕飾りは七夕が終わると川に流していましたが、現代では難しいため神社やお寺などでお焚き上げするのが良いとされています。

飾りの意味

七夕では短冊以外にも様々な飾りを作ります。様々な色や形があり見るだけでも充分楽しめますが、意味を踏まえて飾り付けをすればより楽しめます。

短冊:願いが叶いますように字が上達しますように
吹き出し:織姫のように、機織りが上手になりますように
巾着:お金が貯まりますように
紙衣:裁縫の腕が上達しますように
綱飾り:豊作満作大漁になりますように
屑籠:整理整頓ものを粗末にしない倹約の心を育みますように
千羽鶴:みんなが元気でありますように長生きできますように

短冊の色の意味

5色の短冊は中国で生まれた思想陰陽五行説に由来します。万物は木、火、土、金、水の5つの要素に分類できるとする考え方で、これを色で表す5色を用いたのが5色の短冊です。それぞれの要素と色、徳目を表す五常の意味を見てみましょう。

木、緑:「仁」思いやりの心を持つこと
火、赤:「礼」礼儀正しく謙虚で感謝する心
土、黄色:「信」友情に厚く嘘をつかず、誠実であること
金、白:「義」世のためになる人としての道、正義
水、黒:「習」是非の判断がつくこと、そのための知識を持つこと

七夕 笹飾り 黄色

それぞれの意味を知ると面白いですね。今年は自分の願いに合った色の短冊に、願い事をしてみてはいかがでしょうか。日本の七夕にはその他にも全国各地で行われる七夕まつりや七夕料理などがあり、七夕の楽しみ方は様々です。

七夕やお月見などの行事。大昔から人々は星を崇拝してきました。星は私たちの心を癒し、希望の明かりを灯してくれます。スウェーデンの隕石メテオライトも、宇宙の力が秘められている星です。メテオライトとは宇宙から地球に飛来した隕石の総称で、特殊なウィッドマンシュテテン構造を持つのが特徴です。メテオライトムオニナルスタ隕石は1906年にスウェーデン最北部で発見された隕石ですが、約4億5千年前に地球に落下したとされる隕石です。つまり地球よりも古いのです。

このメテオライトムオニナルスタ隕石は宇宙のエネルギーを宿しているため、何事も成し遂げることができる力を与えてくれます。また恋人たちの想いを引き寄せて、2人の距離をグッと縮めることができるそうです。恋人や夫婦関係を円満にする効果があります。心と体を癒したい、自然の神秘に触れたいと思う人は、このメテオライトムオニナルスタ隕石がおすすめです。願い事がある人は、このメテオライトムオニナルスタ隕石を身につけて、宇宙の神秘的なエネルギーを分けてもらいましょう。

今年の七夕は、あなたは何を願いますか?梅雨の明ける夏のひととき、家族や友人と楽しく過ごす七夕は、体験した人の心にそれぞれの思い出を作り上げ、大切な輝きとして残るでしょう。

リリース、保護、テレパシー

癒しの力を備えた北欧デザインのAWNLをお買い求め下さい!